FC2ブログ

久々の女性の…

「ここは僕の思い描いたもの?
 この部屋や、君もそうなのか?」
和彦は釈然としない面持ちで尋ねた。
「部屋や、装飾はそうですね。
 漠然と思っているものを、より近くリアリティに再現しています。
 私の服も。」
そう言って、女性はスカートの裾を再びつまんで、軽くはためかせた。
「そうなんだ…。」
和彦は、まるで現実世界にいるような気がして、“すごいな”とただただ感心した。

「さて、立ちっぱなしじゃ、お疲れになるでしょう。
 コーヒーでもお持ちしますので、机の椅子に腰かけてください。
 さあ、こちらへどうぞ。」
女性は、そう言うと和彦の手を取って、書斎の窓際にある大きな机の方に誘導するように手を握ったまま歩き始めた。
女性の手は、暖かく、そしてとても柔らかかった。
和彦には、ここ何年も女性の手を触ったこともなかったので、その柔らかで温かな感触が気持ちよく、つい、その女性の手をそっと握り返した。

女性は何も言わず、和彦の手を握ったまま歩いて行く。
そして先に歩くその女性から薔薇の香りとともに何とも言えない良い香りがして、何もかも和彦にとっては、新鮮で、異性、そう女性について忘れていた記憶を呼び戻すようだった。
会社の女性は、化粧品が濃く、化粧品の匂いをぷんぷんさせているかと思えば、化粧っ気が全くなく生活臭を漂わしている者、中にはきちんとした女性もいたが、いろいろな匂いが入り混じっていて、和彦にとっては、とてもいい匂いをは思えなかった。
そして、そんな女性社員たちは誰も和彦に近寄ろうとはしなかった。

「さあ、こちらへお座りください。」
そういうと、女性は和彦の手をほどき、椅子を引いて、座る様に促した。
和彦は少し残念だったが、言われた通りに椅子に座ると、女性は机を間に挟み正面に立った。
「今、お飲み物をお持ちしますね。
 確か、コーヒーはブラック。
 銘柄は、ブラジルでしたね。」
「ああ、前は、キリマンジャロが好きだったんだが、最近はブラジルかな。
 でも、よく好みがわかったね。」
「ふふふ。
 まあ、直ぐにお持ちしますので、少しの間、お待ちください。」
そう言うと、女性は軽くお辞儀をしてドアから出て行った。
そして、すぐに、コーヒーのいい香りをさせながら、お盆に湯気の出ているコーヒーを持って部屋に入ってきた。
「お口に合うかわかりませんが、どうぞ。」
女性はニコリと笑ってコーヒーを和彦の前に置いた。
「あ、ああ…。」
和彦は、コーヒーカップを手に取り、一口、飲んでみた。
「美味い……。」
確かに今まで飲んでいたコーヒーとは雲泥の差の様に美味しく感じたが、何か違和感を感じていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>女性は和彦の手をほどき…
>和彦が少し残念だったが…


和彦ぉ~
気が多いぞぉ(^^)/

でも、気持ちは分かりますよ(-。-)y-゜゜゜
コンビニで、女の子の店員さんの手が触れただけで
すっごく嬉しいですもん(^0_0^)



でもってね、和彦さんもでしょうが
この子が俄然
魅力的に思えてきてね

第一印象から、コロッと変わりましたよ


上手いですなぁ~
完全に、術中にハマってるって事ですよね( ̄▽ ̄)




続き、楽しみにしてまする♪

Re: No title

> >女性は和彦の手をほどき…
> >和彦が少し残念だったが…
>
>
> 和彦ぉ~
> 気が多いぞぉ(^^)/
>
> でも、気持ちは分かりますよ(-。-)y-゜゜゜
> コンビニで、女の子の店員さんの手が触れただけで
> すっごく嬉しいですもん(^0_0^)
>
>
>
> でもってね、和彦さんもでしょうが
> この子が俄然
> 魅力的に思えてきてね
>
> 第一印象から、コロッと変わりましたよ
>
>
> 上手いですなぁ~
> 完全に、術中にハマってるって事ですよね( ̄▽ ̄)
>
>
>
>
> 続き、楽しみにしてまする♪
コメント、ありがとうございます。
励みになります!!
頑張って続けていきますので、今後とも、よろしくお願いします♪
プロフィール

電脳子猫@委員会

Author:電脳子猫@委員会
エロ、グロ、怖いのは苦手。
時代劇や明るくちょっとエッチなSF好きのコンピュータエンジニアです。
どこかで読んだこと、見たことがある?
そんなことも随所に出て来るかと思いますが、それもお楽しみとして。
あくまでもオリジナル小説を目指します。

電猫カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

委員会に訪問された方
電猫お絵描帳
検索フォーム
リンク