FC2ブログ

欠片、集めるんですよね?

「マスター?!」
エイミーの声が聞こえ、和彦は目を凝らすと、すでに馴染みになった書斎の中にいた。
「今日は、いらっしゃらないかと思って、ハラハラしていました。
 よかった。」
エイミーの嬉しそうな顔をみて、和彦は気分が高揚してくるのを感じた。
(やっぱり、エイミーもかわいいなぁ。)
とエイミーを見ながら思った和彦は、片手を上げた。
「やあ。」
和彦は、そう言って手短に挨拶をかわし、書斎の中を見渡した。

すると書斎の中の応接セットの長椅子にターニャとユッカが背筋を伸ばし笑顔で座っていた。
「ターニャ、ユッカ、もう大丈夫なの?」
はい、マスターをお待ちしていました。
二人は声を揃えていった。
「二人とも、リフレッシュしましたので、大丈夫ですよ。」
横からエイミーが説明した。
ターニャ、ユッカたちAIはゲーム中にどんなひどい怪我をしても、再起動することで元の通りにプログラムがリセットされ、怪我もすべて元通りになるように作られていた。
エイミーの言葉でスイッチが入ったように、ターニャとユッカは、椅子から起き上がり、和彦の方に近づいてきた。
ターニャは普通に和彦の前で立ち止まり、ユッカは、同じように和彦の前で立ち止まったが、くるっと体を回して見せた。
二人とも、大丈夫ということを表現していた。
ターニャからは焦げた匂いではなく、またユッカからは生臭い匂いではなく、いつもの良い香りがしてきた。
「こほん!」
エイミーがわざと、咳払いをした。

「マスター、今日はお時間も遅いのですが、ゲームはいかがいたしますか?」
「え?
 ゲームをやるために来たんだよ?」
和彦は怪訝そうに尋ねる。
「そうですね。
 ただ、中には、お話だけしてゲームをやらない方もいらっしゃると聞いたもので。」
「え?
 ゲームをやらないの?」
「はい、お話しだけして楽しんで行かれる方もいます。」
「そうなんだ。」
(そうか、確かにエイミーと話したり、ターニャやユッカを見ているだけでも、それはそれもいいかな。)
一瞬、和彦は心を揺さぶられる思いがした。

「マスター?」
今度は、ターニャが怪訝そうな顔をして和彦の顔を下から覗き込んだ。
ターニャの顔が和彦のすぐそばまで来ていた。
ターニャのいい香りと、直ぐ近くにあるターニャの顔、特に唇に目が釘付けになった。
(このまま、キスなんてできそうだな)
ふとそんなことを考えた瞬間、“とん”と背中を押され、和彦はバランスを崩し、前のめりになった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

電脳子猫@委員会

Author:電脳子猫@委員会
エロ、グロ、怖いのは苦手。
時代劇や明るくちょっとエッチなSF好きのコンピュータエンジニアです。
どこかで読んだこと、見たことがある?
そんなことも随所に出て来るかと思いますが、それもお楽しみとして。
あくまでもオリジナル小説を目指します。

電猫カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

委員会に訪問された方
電猫お絵描帳
検索フォーム
リンク