新たな仲間?!

第2ステージは、山岳地帯で、犬型のモンスターのチワワンが相手だったが、ターニャの射撃の正確さと和彦の戦術がマッチし、あっさりとステージをクリアーした。
第3ステージは、古い城の中で、骸骨型のモンスターの骸骨戦士が相手だった。
骸骨戦士は、物陰に隠れ、近づいてきたターニャに、武器の斧で切りかかった。
切り傷はポリマーのおかげで軽く済んだが、重い斧で叩かれたダメージは、ターニャには結構きつかった。
また、接近戦で、周りに障害物も多く、なかなか照準を合わせることが出来ず、ターニャは苦戦を強いられていた。
第1派の骸骨戦士を撃破したところで、ターニャはダメージを受け、肩で息をし、腕や脚が斧に当たった後で赤くなっていた。
和彦は、戦術を考えていたが、すぐに第2派が現れる。
幸いラウンドイーグルの残数は、満タンに近い状況だった。
「ターニャ、弾幕をはって。
 そう、天井のシャンデリアみたいのを狙って。」
「はい、マスター」
ターニャは答えるとすぐに天井に向け連射した。
ラウンドイーグルの消費が3分の1くらいになったところで、和彦はターニャを止める。
「撃ち方やめ!」
天井からシャンデリアらしきものが数多く落下し、周りは粉塵が舞い上がってる。
その粉塵が少し晴れてきたところで、3体の骸骨戦士の内、2体が瓦礫に埋もれ、消滅していった。
残る1体は身を隠すところが無くなったので、ターニャの銃撃で退ける。
「しかし、このやり方じゃ、武器の消費が心配だな。」
和彦は、どうしたものか考えていた。

「マスター、崩れた壁に扉が。
 何か光っています。」
ターニャの声がインカムから流れる。
その声でモニターを見つめると、天井から落ちたシャンデリアのためか、一部壁が崩れ、扉が見えた。
扉には、何かの紋章らしき模様が描かれていて、その紋章が光っていた。
「あの扉は『夏への扉』です。」
エイミーが和彦の隣に来て、説明する。
「え?
 あの有名な?」
「冗談です。」
 エイミーは“しれっ”と否定する。

「あ、そうなの…。
 で?」
「名前は、募集中ですので、取りあえず『友達の扉』ということで。
 あ、中は友達ではなく仲間ですが。」
「仲間?」
「はい、マスターの2番目の仲間ですね。
 戦闘中でもそうですが、何かのはずみでああいった扉が現れます。
 中には、マスターの仲間になるものがいますが、どんな仲間かは、開けてからのお楽しみとなります。」
「もし、出てきたのが気に入らなかったら?」
「はい、それでも、仲間に入れていただきます。
 まあ、気に入らなければ使わなければいいだけです。」
「ほんとに、それだけ?」
「マスターのレベルに合わせ、パーティに参加できる人数が決まっていきます。
 今のマスターのレベルですと、2人までですので、ターニャの他にもう1体となります。
 今後,仲間を増やしても、マスターのレベルを上げないと、パーティに連れてはいけません。」
「そうなんだ。」
「はい。
 あと、どうしても仲間にしたくない場合は、宝珠に変えることが出来ます。
 その宝珠を貯めると、スキルアップやいろいろといいことがあります。」
「いいこと?」
「はい、それは、宝珠を手にしてから、ご説明しますね。
 仲間は、人型や獣型、ロボット型などがいます。
 職業も、ターニャのようなアーチャー以外のも用意していますので、その都度、ご説明します。」
「わかった。
 でも、人型って女もいれば男もいるんだろ?
 歳も、子供から年寄りまで?」
「はい。」
「やっぱり、ゲームだな。」
「はい。」
和彦は思わず当たり前のことを口走ったが、エイミーは構わず返事をした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

電脳子猫@委員会

Author:電脳子猫@委員会
エロ、グロ、怖いのは苦手。
時代劇や明るくちょっとエッチなSF好きのコンピュータエンジニアです。
どこかで読んだこと、見たことがある?
そんなことも随所に出て来るかと思いますが、それもお楽しみとして。
あくまでもオリジナル小説を目指します。

電猫カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

委員会に訪問された方
電猫お絵描帳
検索フォーム
リンク