FC2ブログ

やさしく塗って…。

「さあ、ターニャ、これを塗って。」
そういって、和彦はポリマーの容器をターニャに渡した。
「これを…塗る?」
ターニャは、容器を受取ったが、不思議そうに見つめるだけだった。
和彦は、はっとした顔で、エイミーに振り返った。
エイミーは、面白そうな顔をして頷いた。
「はい、ターニャは戦闘以外は、まだ学習が不十分で、ポリマーを塗るという行為が理解できていないのと思います。
 マスターが塗ってあげて、教えてくださいな。」
「え?
 エイミーが塗ってくれないの?」
「はい。
 ゲームの主人公はマスターですので、私は、手出しができません。」
何食わぬ顔をして、エイミーはさらっと言ってのけた。
しかし、顔は真剣そのものだった。

「……。」
和彦は、少し考えたが、あきらめ、ターニャの手からポリマーの容器を取り戻した。
「ターニャ、これは保護ポリマーといって、素肌に塗ることで、昨日みたいな傷を負わなくて済むものなんだ。」
「塗る?
 私、傷ついても、すぐに元通りになりますよ。」
ターニャは、オウム返しの様に聞き直した。
「いいから、手を出してごらん。」
和彦は、そう言いいながらポリマーの容器の蓋を外し、スライム状のポリマーを自分の指ですくいだし、ターニャの掌にのせた。
「こうやって、ポリマーを手にすくいとって、薄く、素肌に塗り込むように広げていくんだよ?」
「?」
ターニャは、まだ理解していない様子だった。

和彦は、再度、エイミーの方を振り返ったが、エイミーはワザとそっぽを向いた。
仕方なく和彦は、ターニャの右腕を取り、腕全体に塗り始めた。
ターニャの腕は、暖かく、また湿り気があり柔らかで弾力があった。
和彦は、もう何十年と女性の、しかも若い女性の肌を触ったことがなかった。
そのうえ、ターニャの息がかかるくらい近かったせいか、ターニャからほのかないい香りがして、なんだか微妙な気分になっていた。
それを抑えるように、反対の腕と顔、首筋、髪の毛と順々に塗っていった。
「さてと…。」
和彦は、少しためらったが、脚も塗り始めた。
脚は、ブーツやソックスに隠れている部分を除き、素肌が露出している膝から腿の付け根に掛けて塗っていった。
ターニャの腿は細いが、やはり柔らかく、腿の付け根にかけて塗っていったとき、和彦は心臓の鼓動が激しく波打つのを感じた。
ターニャは、そんな和彦を何も言わず”じっ”と見ていた。
但し、その瞳は何か感情を宿しているようだった。

「ふう。」
取りあえず、露出している素肌の部分を塗り終り、和彦は一息ついた。
「ご苦労様でした。」
エイミーは、何か言いたげに少し不機嫌そうに和彦に声をかけた。
(まあ、邪な考えはないようだから、良しとしましょう…)
エイミーは、和彦がターニャにポリマーを塗っている時に、変な考えをしていないかを監視していたのだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

インナーブレイン社の、
バーチャルリアリティーシステム

肌ざわりの感触まで再現しちゃうんだから
おそらく、USJのハリーポッターみたいな
空を飛ぶなんて体験も出来るはず!



ならば『天空の城ラピュタ』の、あのシーン
燃えさかる塔の上から
ハエみたいな飛行機で、女の子を救い出す!

あれを再現して欲しいなぁ~(●^o^●)



「ターニャ~!」

「カズゥ~!」


(小日向さん、絶対あの手のアトラクション苦手やろね)





【ついしん】
ムスカと、レプカに
カリオストロ伯爵

あんな悪役が出てきたら
嬉しいな(#^^#)


No title

安心してください。
ダブり投稿では、ありませんよ(^^;)



ひとつ気がかりなコトが

乙女の柔肌の感触を
思う存分、堪能してしまった小日向さん。

この夏、ビーチに繰り出して…

「げひひ。お嬢さん、オイル塗ってあげようか」




小日向さんの若い頃と違って
いまどき、ビーチで肌を焼く女の子なんて
いませんから~(>_<)


不審者で、通報されるでしょうな(◎_◎;)





No title

>乙女の柔肌の感触を
>思う存分、堪能してしまった小日向さん。

大丈夫ですよ。
彼は、まだ、堪能の域まで達していません(笑)。

ジブリですか?
いいですね、全部好きです。
でも、一番好きなのは「耳をすませば」です。
意外とマイナー好みなんでしょうか…。
アリエッタもゲドも好きです。
プロフィール

電脳子猫@委員会

Author:電脳子猫@委員会
エロ、グロ、怖いのは苦手。
時代劇や明るくちょっとエッチなSF好きのコンピュータエンジニアです。
どこかで読んだこと、見たことがある?
そんなことも随所に出て来るかと思いますが、それもお楽しみとして。
あくまでもオリジナル小説を目指します。

電猫カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

委員会に訪問された方
電猫お絵描帳
検索フォーム
リンク