真夜中の…、だーれだ!

「!」
和彦は、目を開けると、そこは自分の布団の上だった。
上半身を起こし、ゴーグルやヘッドギアなどを外し、一息つき、チューナーのような機械を見ると、モニターに右から左に流れていく文字が目についた。
その流れていく文章は、次のような文章だった。

『We are really looking forward to you coming!(あなたのお越しを皆お待ちしています)』

「ふーん」
和彦はまんざらではない声を漏らした。
今の部署は、男性が多く、女性がいても当然、和彦を無視していたので、女性、特に若い女性と親しく話す機会など、ここ数十年なかったと言ってよかった。
なので、ゲームの余韻に浸りながら、何年振りかで気分が高揚していた。
「さて、シャワーを浴びて、何かつまんで寝るかな。」
軽口の独り言も自然と出ていた。
そして、起き上がってバスルームに入って行くと、横の洗面台のところに、大きな鏡があり、入ってきた和彦を映しだした。
その鏡には、電気を点けなかったので薄暗かったせいか、みすぼらしい初老の男が映し出されていた。
その鏡を見ながら、和彦は力なく思った。
(これが、現実の姿か……)
和彦は仕事の配置転換によるストレスなのか、人間関係によるストレスのせいか、どちらにしてもここ数年で、黒かった髪が抜け落ち、その下に生えていた白い髪がまばらに見え、それが実年齢より一層、年寄りにしていた。
なので、和彦は、最近、鏡を見るのが嫌いになっていた。
鏡に映った自分の姿を見て高揚していた気分もあっという間にしぼみ、和彦は力なく、シャワーを浴び、布団の中にもぐりこんだ。

暫くして、和彦が寝息を立てはじめた頃、寝る前に充電用のケーブルに差していた和彦のスマートフォンのモニターがぼおっと光り、まるで誰かがせわしなく何か操作しているようだった。
「わ、わ、すごい。
 この食べ物、すごく美味しいんだ。
 何々、ナトリウム…%、グルテン…%…、へえ、こういう化学式が美味しいって言うんだ。
 あ、この服、なんか可愛い…。
 て、可愛いって意味は?
 え?
 見ていると、よだれが垂れそうになるのが可愛い?
 食べたくなるってこと?
 何か、違うような…。
 あっ!! 
 ……、男の人って、こういうことするの好きなんだ…。
 へぇー……(すごっ!)。」
 
そして、夜明け頃、和彦が目を覚ます頃に、スマートフォンの明かりが消え静かになった。

翌朝、和彦はいつものように目を覚まし、いつものように支度をし、決まった時間に家を出た。
しかし、いつもと少し違ったのが、今日は、早く家に帰ろうと思ったことだった。
何の楽しみもなく、会社に行って、ただ帰るだけ。
毎日が灰色の中にいるような生活だったが、今日は目が覚めた後、ゲームのモニターに流れている文字を読み、何か光が差し込んできた気がした。
「さて、今日は頑張るか!」
和彦が家を出た後も、モニターには次の文字が流れていた。

『I can hardly wait till I see you!(あなたの帰りをお待ちしています)』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

新章突入について

新章突入は次回からになります。
ごめんなさい。
読んでくださっている皆様、引き続き、楽しんでくださいませ。

No title

> ……、男の人って、こういうことするの好きなんだ…。
> へぇー……(すごっ!)。」


な、何だろう?
どの場面のことだ?

グフフ。
もっともっと、男の人が喜ぶ
すっごいコトを教えてあげようか♪( ̄▽ ̄)





ターニャも調べてみました(^O^)/
http://irotsuku.com/a/wr9qhjy5/r/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A3
おぉ!期待以上の結果だな(#^^#)
(泣は、涙もろいのかな?)



おそらくプログラマーとか、誰かスタッフの中に
育成ゲームのマニアが居るんでしょうね(-。-)y-゜゜゜
(男のロマンですな)




でも、次の章で新キャラが登場して
その子とユリ族になっちゃって
小日向さん、蚊帳の外に
なんてコトもあったりしてね…




ムフフ、めちゃ楽しんでます

『電猫を10倍楽しく見る方法』
なんて本を書けそうですわ(●^o^●)
プロフィール

電脳子猫@委員会

Author:電脳子猫@委員会
エロ、グロ、怖いのは苦手。
時代劇や明るくちょっとエッチなSF好きのコンピュータエンジニアです。
どこかで読んだこと、見たことがある?
そんなことも随所に出て来るかと思いますが、それもお楽しみとして。
あくまでもオリジナル小説を目指します。

電猫カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

委員会に訪問された方
電猫お絵描帳
検索フォーム
リンク