FC2ブログ

フィッシュサンドを食べるAI

「マスター。
 今回、ゴールドが10,000ゴールド貯まりました。
 フィッシャーマンズ・ワーフに行って、何かお召し上がりになりませんか?
 お疲れになったでしょうし、物足りないものについては、思いついた時に教えてください。
上の者に報告し、改善させますので。」
「わかった。
 で、フィッシャーマンズ・ワーフ?」
「はい。
 この島に上陸した最初の場所です。
 あそこは、漁港に面した魚市場で、美味しい食べ物も売っているんですよ。」
「そうか、それでにぎやかだったんだ。」
「はい。」
エイミーは明るい声で返事をした。

それから、3人はフィッシャーマンズ・ワーフに来ていた。
最初は、和彦とエイミーの2人の予定だったが、和彦の希望でターニャも一緒にいくことになった。
「ほんとうだ、にぎやかだな。
 それに、あちこちから良い匂いが漂ってくる。」
和彦は、ここがゲームの中であることを忘れたようだった。
「マスター、あのお店のフィッシュサンドとコーヒーのセットが有名です。
 一人分、320ゴールドですので、マスターの分、買ってきましょうか?」
「そうだね。
 じゃあ、3人分買ってきてくれる?」
「え?」
エイミーはびっくりして聞き直した。

「そう、3人。
 僕と、エイミーと、ターニャの分。」
和彦はにっこりと笑って言った。
「わかりました。
 では、御馳走になります。
 ターニャ、運ぶの手伝って。」
エイミーがそういうと、ターニャは黙って頷きついていった。

「本当だ、うまいな。」
フィッシュサンドを頬張りながら、和彦は感激して言った。
「それはよかったです。
 実は、わたしも初めて食べたんですが、マニュアル通り、美味しいですね。」
「そうなんだ、エイミーも初めてなんだ。」
「はい。
 一応、ゲームのステージは事前にモニタリングしてわかっているのですが、食べ物は、初めてです。」
「じゃあ、よかった。
 ターニャは、どう?」
「マスター、ターニャには、そういう人間的なものはプログラムされていません。
なので、食べるなんて…。」
エイミーが説明すると、その横で、ターニャがフィッシュサンドを一口頬張った。
「え?」
エイミーは、びっくりしてターニャを眺めた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「事件は会議室で起こってるんじゃない!」

てっきり、小日向さん
自分も現場で体感したいと不満を言ってるのかと思い
拡大解釈して、スモールライトを出しましたが



>和彦は、ほとんど自分でゲームをやったことがないのだが、
>人がやっているゲームを見るのが面白かった。



そうか!
小日向さん的には、指令を出すだけでも問題ないのか( ゚Д゚)



そこで、
更に深読みを…

もしや、小日向さん
治癒・回復系に特化したキャラなのでは?

そんで、無意識に治療ばかりを?(#^^#)


いやいや、ホンネのトコは
(もう少しキワドイとこ怪我してくれないかなぁ~)
なんて思ってたりして( ̄▽ ̄)



Re: No title

> 「事件は会議室で起こってるんじゃない!」

あっ、それ見ました。
レインボーブリッジ、閉鎖できません!!
でしたっけ?

後、”スモールライト”いい線いっているかも…。
でも、小さくなったら面白くないし。
ということで、深読みし過ぎですよー(笑)

次回(すみません、このコメントの次々回ですね)は少し哀愁が漂いますが、次の章に突入していきます!
さて、何処まで頑張れるか(どこまで妄想が続くか)
乞うご期待!! ←なんのこっちゃ(笑)
プロフィール

電脳子猫@委員会

Author:電脳子猫@委員会
エロ、グロ、怖いのは苦手。
時代劇や明るくちょっとエッチなSF好きのコンピュータエンジニアです。
どこかで読んだこと、見たことがある?
そんなことも随所に出て来るかと思いますが、それもお楽しみとして。
あくまでもオリジナル小説を目指します。

電猫カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

委員会に訪問された方
電猫お絵描帳
検索フォーム
リンク