天の声?

「あ、気にしなくていいから。
 単なる独り言だから…。」
(でも、最近リメイク版が放送されたんだけどな…。)
(私、もっと、アニメのことを勉強しないと、マスターに着いていけないかもしれない…。)
和彦とエイミーの二人の思いは、微妙に交差していた。
「ま、まあ、何にしても経験値と親密度が重要ですね。」
「そ、そうなんだ。」
和彦は、一瞬考えて、エイミーに尋ねた。

「じゃあ、僕にもその攻撃力とか設定されているの?」
「当然です。
 ゲームに参加するのに必要ですから。
 ただし、マスターには親密度はありません。
 ご自分でご自分をというナルシストでなければですがね。」
「ナルシスト?
そっか、自愛か。」
真剣に考える和彦を見て、エイミーは慌てたように言った。
「まあ、そんなに真剣にならないでください。」
「は、はい。」
和彦は何だか恥ずかしくなり、頭を掻いた。
「?!」
すると誰かの視線を感じ、和彦は周りを見渡すと、ターニャと視線が合った。
ターニャは、相変らず無表情だったが、和彦は何だか馬鹿を言っている自分が気恥ずかしく感じ始めた。

「あと、武器とか装備を強化することで、その武器や装備が持っているポイントが上乗せになります。
 例えば、武器が50のAPを持っていたら、その武器を持つAIのAPが50、上乗せになります。」
(AI、AP、LPって、アルファベットばかりだな。
 そう言えば、AIってなんだろう。)
エイミーの話を聞きながら和彦はふと考えた。
(Artificial Intelligence、人工知能のことです。)
「あ、ありがとう…、え?」
和彦はエイミー以外の若い女性の声が聞えたので周りを見渡したが、エイミーは話の途中で、その声が聞えていないようだった。
ふとターニャと目が合ったが、ターニャは相変わらず無表情で和彦を見ていた。
(ま、まさかね…)
「で…。
マスター?
 どうかしましたか?」
エイミーは、どうしたのかと和彦に声をかける。
「い、いや…なんでも。」
「そうですか…。
では…。
武器や装備は、お金を出して買います。
 あっ、さっきご説明したゲームの中で獲得するゴールドのことです。」
「ふーん、じゃあ、今、僕の所持金は?」
「ありません。
現時点では、マスターは無一文です。」
無一文と聞いて和彦は現実を思い出し、一気に寂しい気持ちになった。
そんな和彦の気持ちを察したのか、エイミーが急いで付け加える。
「でも、マスター。
 これから、あれ…、いえ、ターニャと訓練ダンジョンに行って、当座の資金を稼いできていただきます。
 頑張れば結構稼げますよ。」
「おお!」
和彦は、お金が稼げると聞き、また、いよいよゲームができると、すこしワクワクしてきた。
(単純…。)
「え?」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおっと、小日向さん危うし!( ̄▽ ̄)

またまた予想外の展開だぁ~♪
『天の声』の主は、やっぱアレ…

じゃなくて、あの方ですよね(●^o^●)




てえ事は、
(この子、小柄で細身やし、チチも薄そうやなぁ…)
なんて思った日にゃ

((オヤジ最低!))
という、天の声と共に
親密度が【-10000】でしょうな( ゚Д゚)







その一方、

>(私、もっと、アニメのことを勉強しないと、
     マスターに着いていけないかもしれない…。)

えぇ~!!
まさかまさか、エイミーちゃん。
小日向さんに、ホの字じゃないでしょうね?(◎_◎;)





いやいや、
疑り深いオジサン読者は騙されませんよ~
うだつの上がらない50男がモテるわけ無いもん

(う、自分にグサッと突き刺さる…)



きっと、裏があるに違いない(#^^#)
(とか、妄想しながら何倍にも楽しませてもらってますよ(^^)/)


プロフィール

電脳子猫@委員会

Author:電脳子猫@委員会
エロ、グロ、怖いのは苦手。
時代劇や明るくちょっとエッチなSF好きのコンピュータエンジニアです。
どこかで読んだこと、見たことがある?
そんなことも随所に出て来るかと思いますが、それもお楽しみとして。
あくまでもオリジナル小説を目指します。

電猫カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

委員会に訪問された方
電猫お絵描帳
検索フォーム
リンク