FC2ブログ

電猫エンジニアの独り言(花粉)

電猫エンジニアです。

インフルエンザは峠を越えたのでしょうか。
今年のインフルエンザは、予防接種しているお年寄りも発症していると聞いています。
予防接種しているのに「なぜ?」と思う人が多いと思います。
しかし、予防接種すれば、インフルエンザにかからないというものではないそうです。
近所のお医者さんの話では、予防接種をすれば、かかった時に軽く済むというものだそうです。
なので、予防接種してもかかったから意味がないと止めずに毎年、ちゃんと接種すこることをお勧めします。

さて、私にとっては、これからが1年で一番辛い季節になります。
そう、”花粉”です。
重度の花粉症の私は、これから5月の連休まで、開店休業状態になります。
鼻水、くしゃみと戦い、薬を飲むと眠気との戦い。
以前、体質改善の注射で治ると聞き、週に一回の割合で注射を受けました。
しかし結果は、痛い思いをしただけ…。
今は、処方された薬を飲み、マスクをすることで少しはましな生活を送ることが出来ます。
やはり、病気は人それぞれで、どんぴしゃりと効く薬は難しいのでしょうね。
でもでも、本当に困るのは薬で頭がぼーっとすること。
ぼーっとして気力がなくなると、物語が書けません。
EP3,困りました。
本格的な花粉シーズンになると書けなくなります。
あまり、間を置いてしまうと、きっと忘れられてしまいますよね(涙)。
頑張らなくては。

「ねえ、エンジニア。」
「ひゃい、ヒトミしゃん。」
「どおしたの?
 鼻にティッシュを詰め込んで。
 私の裸でも想像して、鼻血でもだしたの?」
「…。」
「なに、その勢いよく顔を横に振って。
 ん?
 顔を横に振る?
 頭を振る?
 首を振る?
 何か、すべて同じ意味で通じそう。
 って、そんな場合じゃないか。
 で?
 でで?」
「はっ、はっくしょん!
 なんだぁ~!」
「それ、くしゃみ?」
「ひゃい。
 くしゃみの後に何かつける人って結構いるじゃないですか。
 ”なんだ、キショーめ”
 とか
 ”とくらぁ~”
 とか。」
「それは良いって。
 それよりまさか…。」
「ひゃい、花粉でしゅ。」
「エンジニア、EP3は書けたの?」
「みゃだです。」
「じゃあ、5月の連休明けまで?」
「みゃい。
 ?
 ヒトミしゃん?」
「ヒトミ、ラリアット!!」
「ふぎゃぁ。」
「治った?」
「にゃおるわけ、みゃいですって。」
「おかしいわね。
「ラリアット一発で誰でも治るって、ハンセンさんが。」
「言っていません!!」
「てへ♪」
スポンサーサイト

電猫エンジニアの独り言(雪)

電猫エンジニアです。

『電脳子猫は夢を見るか』のエピソードⅡをお届けしました。
いかがでしたでしょうか?
馬鹿馬鹿しく、少しは笑えましたか?
1月、2月といろいろバタバタして、エピソードⅡもバタバタ気味に終わってしまった気がします。
書ききれなかった部分も多々あるので、隙を見つけて番外編で書こうかと思っています。

実は…。
『電脳子猫は…』は、まだ続きます。
現在、エピソードⅢを構想中です。
エピソードⅢでは、いよいよ真の敵が…、美女キャラの仲間が、可愛子ちゃんの仲間が…。
従来の和彦さんのグテグテ路線と並行して、少し物語り性をなんて考えたりしています。
どうか、楽しみに待っていてくださいね。

「エンジニア、どうかしたの?」
「え?
 ヒトミさん、何か変ですか?」
「うーん、何かいつもと違って、いや、いつもに増して呆けている感じがするわよ。」
「そうですか…。
 この雪のせいですかね?」
「え?
 雪が降っているの?」
「あ、電脳世界は雪は降っていないですよね。
 こちらの世界では雪が降っています。
 今年、最強の寒波だって、北の方ではー30度って言ってましたよ。」
「マイナス30度って言ったら、音も凍るっていう奴じゃない?」
「そうかもしれませんね。
 雪が降っていると、妙に静かに感じるのはそのせいかも知れませんね。
 でも、いろいろな音が凍り付いて落ちていたら面白いですよね。
 拾って溶かしたら音が聞えるなんて。」
「バカね。
 そんなことだったら、春の雪解けの時、五月蠅くて仕方ないじゃない。」
「そうですね。
 小さな女の子の助けを求める声が、凍り付きどこかに埋もれ。
 それを拾い上げた大人が、業火の中でその声を焼いてしまう。
 そんな現実世界なんて…。」
「エンジニア…。
 ちょっと来なさい!」
「はい?」
「いいから、こっちに来なさい。」
「わっ!
 ヒトミさん…。」
「たまには、私の膝枕、気持ちいいでしょ?」
「はい、それにいい香りが。」
「ねえ、エンジニア。
 だからと言って、あなたがどうにかできるものではないでしょ?」
「…」
「だからね、あなたが、あなたの近くにいる人を幸せにできるように頑張りなさい。
 そして、それを感じた人が、また違う人へと、幸せのスパイラルを作るように。」
「ヒトミさん…。」
「それが、どんな方法で実現できるかは人それぞれだし、こうしなきゃダメと言っても出来る人と出来ない人がいるわ。
 だから、まずは、あなたが出来ることをやりなさい。
 あなたが、”もしも自分なら、こうしてもらったら嬉しいな”って感じることをね。」
「ヒトミさん…。
 ヒトミさんの膝枕、すごく気持ちいいです…。」
「もう…。」

窓の外は雪が深々と降っています。

私の夢は、たくさんの人の笑顔をみることです。
プロフィール

電脳子猫@委員会

Author:電脳子猫@委員会
エロ、グロ、怖いのは苦手。
時代劇や明るくちょっとエッチなSF好きのコンピュータエンジニアです。
どこかで読んだこと、見たことがある?
そんなことも随所に出て来るかと思いますが、それもお楽しみとして。
あくまでもオリジナル小説を目指します。

電猫カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

委員会に訪問された方
電猫お絵描帳
検索フォーム
リンク