FC2ブログ

アイ・ショット・ザ・シェリフ

和彦はコマンダールームの第7ステージの扉の前に立つと、ターニャとユッカに向かって話しかける。
「さてと、ターニャ、ユッカ、第7ステージに出発するぞ。」
ずっしりと重量感のあるショットガンを持ったせいか、和彦は気持ちが高ぶっていた。
はい、マスター!
ターニャとユッカは明らかに嬉しそうな声をあげ、和彦に付いて第7ステージの扉をくぐった。

和彦は、扉をくぐるや否や、目の前の景色が変わった。
第7ステージは、市街地だった。
ただ、何度も敵の攻撃を受けたせいか、建物のあちらこちらにひびが入ったり、崩れたりしていた。
市街地の住人は、その危ない建物の中でひっそりと息を殺すように隠れているようだった。
「このステージは、住民の開放もオプションについています。
 住民を傷つけず、敵を倒し、町を解放すると特別ボーナスとして、仲間を一人増やすことが出来ます。」
エイミーの声がヘルメットに内蔵しているインカムから聞こえてきた。
「そっか。
 じゃあ、慎重にやらないと。
 ところで、エイミー。
 このショットガン、試し撃ちしていないんだけど、どこかで撃ってみたい。
 街中で試し撃ちしても大丈夫?」
「え?
 街中はちょっと…。
 そうですね、近くに射撃場がありますから、そこで試し撃ちしてください。
 地図を送りますので、ゴーグルに映し出された矢印に従って行ってくださいね。」
「わかった。」

和彦は、そこで初めてターニャとユッカが、和彦の両脇にぴったりと寄りそっているのを感じた。
「本番の前に、試し撃ち。
 威力がわからないと、この前みたいに二人を巻き込むといけないからな。」
二人はにっこり笑って頷いた。
和彦たちは、ゴーグルに映し出された矢印に沿って歩いて行くと、射撃場とかかれたゴルフの練習場のような建物にたどり着いた。
建物からは、気だるいレゲエの音楽が流れていた。
「さすがゲーム、そのものずばりじゃん。」
和彦はそういうと建物の中に入り、TM55を構え、的にも向かって撃ち始める。
“ドウッ!”
“ドウッ!”
撃つたびに重低音の射撃音が響いた。
ターニャとユッカは、慌てて両手で両耳を押さえていた。

TM55は射撃の反動も軽くはなかったが、力を込めれば片手でも撃てる代物だった。
弾は散弾だが、先まで飛んでも、それほど広がらなく、文字通り、的をハチの巣にしていた。
アタッチメントを変えると、散弾から弾丸に切り替えができた。
弾丸の破壊力は、散弾より上回り、的を粉砕するに十分な威力だった。
「本当にすげーや。」
和彦は、TM55に心を引かれていた。

ある程度撃ち続けて、和彦は満足したような顔をして撃つのを止めた。。
「さ、お待たせ。
 だいたい使い方がわかったから、行こうか。」
和彦はTM55を肩に担いで、ターニャとユッカに話しかけると、颯爽と歩き始めた。
あ、マスター、待ってぇー!
待って、てばー!
ターニャとユッカは笑みを浮かべて小走りに和彦について行った。

広いロビーの受付の中に女性が一人、ぽつんと立っていた。
ロビーの中は明るく快適そうに見えたが、誰もおらず、また、ドアらしきものがないので、誰も尋ねてはこないような場所だった。
その受付の内側にモニターがあり、和彦がターニャとユッカを連れ、TM55を肩に担いで颯爽と歩いている姿が映っていて、BGMのようにボブマーリーとウェイラーズの『アイ・ショット・ザ・シェリフ』が流れていた。
女性は、その歌を口ずさみながらモニターを見ていた。
そして、モニターの横のスイッチを押すと、画面に映っている和彦が実年齢の和彦の姿に変わり、その和彦をうっとりするような目で眺めながら独り言の呟いた
「まあ、嬉しそうな顔をしちゃって。
 私は、実年齢の方が好きだなぁ。
 凛々しく素敵なのに…。
 …
 まったく、何にも知らないエイミーちゃんをコンシェルジュにするから、さっきみたいにバトルフィールドに降りるのを思いとどまらせようなんてして、はらはらしちゃったわ。
 でも、これでやっとスタートライン。
 これから、ゲームとは別に保安官退治という大事な役目もあるから、頑張ってくださいね。」
女性は、最期は真面目な顔で意味深な言葉を言うと、再び、モニターを見ながら歌を口ずさんでいた。
スポンサーサイト

僕は、行きまーす!

和彦が、エイミーに話しかけると、誰かが和彦の肩を突いた。
「え?」
振り向くと、ユッカが笑みを浮かべて、ポリマーの容器を差し出し、顎でターニャの方を示唆した。
「え?
ええー!!」
見るとターニャは自分からポリマーを塗ることをせずに、知らん顔をしてそっぽを向いていた。
「!」
和彦は、ターニャを顎でしゃくるようにして、エイミーを見た。
「すみません。
 技術チームに改善を依頼しているのですが、どこもバグはないと。
 もう少し時間がかかると思いますので、マスター、お願いします。」
「え、そうなんだ」
(でも、修整しなくてもいいバグだけど…)
コホン!
エイミーが咳払いした。
和彦は、ユッカからポリマーの容器を受取り、ターニャの傍に行き、おもむろにポリマーの容器の蓋を開け、ポリマーを指でしゃくった。
ターニャは、それを見て、素知らぬ顔をして右腕を差し出した。
「はいはい。」
そう言いながら、和彦はターニャが差し出した腕に、人差し指でしゃくったポリマーを付け、それを掌で、ターニャの腕に伸ばしながら塗り込んだ。
ターニャの腕は、相変らず暖かく、また柔らかだった。
いつものように、両腕、首筋、顔と順番に塗り込み、最後に両脚に塗り込もうと、ターニャの右太ももにポリマーを付け、掌を置くと、ターニャの脚に一瞬、力が入った。
「え?」
和彦は、如何したのかとターニャの顔を見た。
ターニャは、少し顔を赤らめながら、そっぽを向いていた。
再び、和彦がターニャの脚にポリマーを塗り始めると、今度はいつものように力を抜いていた。
(くすぐったかったのかな?)
和彦は、そんなことを考えながら、塗り終わったポリマーの容器の蓋をした。

「エイミー、僕も参戦する。」
一瞬、間を置いて和彦は切り出した。
(え?
 告白じゃないんだ…)
エイミーは一瞬落胆した顔をしたが、すぐに驚いて和彦を見た。
「参戦って、マスター自らですか?
 バトルフィールドにでるんですか?」
和彦は頷いて見せる。
「マスター。
 前にも申し上げた通り、触覚、痛覚もあります。
 ですので、走れば疲れるし、何かに当たれば痛みを感じます。
 ましては、相手の攻撃を受けると、激痛が走ります。
 ゲームを終えた後、生身の肉体にも痛みが残ることもありますし、あまりに酷い怪我をされるとお身体に差しさわりがあるかと。」
「わかっている。
 ただ、見ているだけじゃなく、ターニャとユッカと一緒に戦(ゲーム)いたいんだ。」
「コマンダールームから指示することでも、一緒に戦っていませんか?
 この前は、上手に行きませんでしたが、ロボットを操作されたらいかがですか?」
エイミーは、珍しく食いついた。
「エイミー、僕は、実際にやってみたいんだ。」
和彦の真剣な眼差しを見て、エイミーは諦め、ため息をついた。
「わかりました。
では、ヘルメットとゴーグルをしてください。
 ゴーグルは、このモニターで見ていたものが、同じように映ります。」
「すげー!」
和彦は、ゴーグルを試して、感嘆の声を上げた。
「素肌のところに、ポリマーを塗るのを忘れないでください。
 武器は、ショットガンタイプのTM(ターミネーター)55を用意しました。」
そう言って、エイミーは、重厚なボルトアクションのショットガンを和彦に手渡した。
そのショットガンは黒光りしていて、いかにも狂暴そうな面構えと多彩な機能が付いていることが目に見えてわかった。
何よりも、通常のショットガンより銃身が長く、ライフル銃とショットガンが組み合わさったようだった。
「すげー、すげー!」
和彦は、小さい子供の用に目を輝かせ、『すげー』を連発していた。
そんな和彦を微笑んでみながら、すぐに心配そうな顔をしてエイミーは声をかけた。
「マスター、危なくなったり、敵の攻撃を受けたら、すぐリタイアしてください。
 私に向かって、声でもジャスチヤ―でも何でもいいです、直ぐに回収しますから。」
エイミーは心配そうな顔で言った。
「わかった。
 大丈夫だよ。」
和彦は、そう言うと、エイミーの頭を、銃を持っていない手で、やさしく撫でた。
「マスター……。
 本当に、無茶しないでくださいね…」
エイミーは、頭を撫でられて嬉しいのか、和彦の身体が心配なのか、どちらともとれるような複雑な顔をしていた。

「おかえりなさい」は魔法の言葉

昨晩、和彦は疲れて帰宅し、急いで寝る支度をして布団に倒れ込むように横になった時、横目でゲーム機のモニターを見てみると、次のような文字が流れていた。

『Tomorrow will be Friday. Much, you can play. We're waiting you to come to play.(明日は金曜日。沢山、遊べますね。皆であなたが遊びに来てくれることを待っています。)』

「そうか、明日は金曜日か。
 夜更かしが出来るぞ、って言っているのかな?
 楽しみだ!」

そして今、仕事を片付け、その結果にも満足していたので、和彦は気分良くゲームの世界、仮想空間に飛び込んだ。
最初に現れる受付嬢のヒトミは、いつものように愛らしい笑顔で和彦を出迎え、和彦を興奮させた。
「マスター、お帰りなさい。
 お待ちしていました。
 あら?
 今日は何かいいことでも?
 お顔が楽しそうですよ。」
「そうかい?
 君が笑顔で出迎えてくれたからだよ。」
和彦はヒトミの言った『おかえりなさい』の一言が魔法の言葉のように胸を締め付け、気分を良くし、つい軽口を叩いた。
「まあ、お上手。」
そう言うとヒトミは恥ずかしそうにはにかんだ。
和彦は、そんなヒトミの顔を見て、ドキッとし、心臓の鼓動が高まるのを感じた。
いつもの設定を済ませると、ヒトミは少し頬を染めたまま笑顔を見せて、和彦にお辞儀をした。
「では、いってらっしゃいませ。」
「は、はい。
 行ってきます。」
和彦は、背筋をピンと伸ばして返事をした。

そして、すぐに周りの景色が見慣れた書斎に変わった。
そこには、エイミーが立って出迎え、その後ろにターニャとユッカがにこやかな笑顔で立っていた。
「マスター、お帰りなさい。」
エイミーがそう言って、お辞儀をすると、ターニャとユッカが同じように「お帰りなさい♪」と和彦を出迎えた。
(おかえりなさい?
 さっきのヒトミちゃんといい。
 うっひょー、何か滅茶苦茶、気分がいい!!)
和彦は思いっきり“にやけ”顔になった。

「マスター、明日はお仕事、お休ですよね?」
「うん♪」
「じゃあ、今日は、ゆっくり楽しんでくださいね。」
エイミーが笑顔で話しかけた。
「ああ、そうするよ。
 それじゃ、まずは、ターニャとユッカはポリマーを塗って。
 まだ、ポリマー、あるよね?」
「はい、はい、まだまだ大丈夫ですよ。」
エイミーは、すっかり浮かれてて楽しそうな和彦を見て微笑んだ。

「じゃあ、ターニャ、塗り終わったらユッカにも渡してね」
ターニャは、和彦から受け取ったポリマーの容器をそのままユッカに手渡した。
「?!」
ユッカは、意味深な笑みを浮かべ、ポリマーの容器を受取り自分の露出している肌に塗り込んだ。
ターニャにポリマーの容器を渡した後、和彦はエイミーの方を向いて真面目な顔をして切り出した。
「エイミー、話しがあるんだけど。」
「はい?」
真面目な顔の和彦を見て、エイミーは思わず「私に告白?」と“どきっ”として和彦を見返した。

エッチはすべての源(みなもと)

そして、3日が経ち4日目。
「ほら、こんなに無駄なI/Oをしていたし、SQLを少し直せばI/Oの回数も減るじゃん。
 しかも、下から上へのジャンプ命令何か使っているよ。
 それ使っちゃだめだし、飛び先間違って、つねにOPEN命令に飛んでいるし…。」
和彦はチューニング対象のプログラムのプログラミング言語をマスターし、インデントもなく汚かったプログラムをまるで芸術品のようにきれいに組みなおし、問題点を全て洗い出していた。
「でも、この言語、C言語とJAVAを合わせたようだから、何とかなったけど、全く初めてだったら1か月ものだよな…。
さてと、では、動かしてみよう。
 動かし方は…。」
和彦はオンラインヘルプを見た。
「へえ、ユーザーのサーバーに直接つないでアップロードし、実行するのか。
 すでに、僕のユーザーIDも登録済みで、このパソコン限定でつなげることが出来るって?
 へえ、セキュリティも凄いな。
ログインIDとパスワードに加え生体認証。
それに見たこともないセキュリティソフトでがんじがらめになっていて凄いな。」
感心しながら、説明書の通りにプログラムをアップロードし、コンパイルして、実行用のシェルを起動してみた。
それから、3度ほどチューニングをしながら実行すると、処理時間が目標数値になっていた。
「うーん、でも、もう少し、早くなるかな。」
そう言いながら和彦は、尚もチューニングをしていて、結局4日連続で23時過ぎまで残っていた。

和彦がチューニングに夢中になっていると、また、和彦のスマートフォンが光り出した。
「ねえ、この集中力ってすごくない?」
「でも、どこかの検索サイトで、エッチな人ほど集中力がすごいんだって。」
「え?
 集中力って?」
「うーん、良く判らないけど、そのサイトでは、どこか体の一点を凝視して興奮…。」
「……。」
「なんか、違~う!!」
「でも、すいごいね。
 あんなに汚かったプログラムが、こんなにきれいになって。」
「本当、マスターって優しい上に、天才よね。
 エッチの天才でもあるけど。」
「うんうん。
 しかもその才能を自分では気が付いていない、お鈍さん。」
「え?
 エッチの才能?
 パワー・オブ・ザ・エッチ?」
「なにそれ?」
「エッチ・パワーかな?
 ほら、この前聞いた歌にあったじゃない。
 ふふふん♪
 『イッツ・パワー・オブ・ザ・エッチ』って」
「もう。そんなこと言って。
 エッチ含めて、全部よ!」
「でも、これでお仕事一段落したんじゃない?」
「じゃあ、明日は…。」
そう、マスターが遊びに来てくれる~!!

翌日、和彦の会社の終業時間が終わりを告げた。
和彦の部署の社員たちも週末なので、口々に夜の街に繰り出そうと相談をしていた。
「さあ、みんな、飲みに行こうぜ。
 鎌田君も、今日は良いだろう?」
「はい。
でも、小日向さんも誘わなくていいんですか?」
和彦の所属する課の鎌田という女性社員が誘いをかけた上司に尋ねた。
「小日向?
 いいのいいの、あんな爺臭いやつ連れて行っても、面白くないから。」
「まあ。」
鎌田は、そう答えるとすぐに和彦に対する興味を無くしていた。
しかも、その会話は、容赦なく和彦の耳に入ってきた。
しかし、和彦は早く帰ってゲームの続きがしたいという頭しかなかったので、これ幸いとばかりに挨拶して、会社を飛び出していった。
和彦の作成しワークフローで回答した作業報告書には、依頼の受けた処理時間よりもさらに10倍以上の処理時間の短縮が記載されていた。
しかもそれ以上に、様々な工夫がされていた。

家に帰ると、早速、身ラフな格好に着替え、布団に転がり込むように横になり、ヘッドギア等の装備を装着し、ゲームに飛び込んでいった。

ハリセン、デコピン、また脱線

翌朝、和彦は久し振りにすっきりした気分で目が覚め、軽い足取りで会社に出社した。
「あれ?
 メンテナンスするプログラムって1本じゃなかったっけ…。」
和彦は会社のPCを見て呟いた。
和彦は、普段は不具合が発生したプログラムのメンテナンスを担当していた。
和彦は技術者としての腕は確かで、その点において長くいた客先では一目置かれていたが、自社では全くと言っていいほど評価されていなかった。
その日もプログラムのメンテナンス依頼がワークフローで回って来たのだが、昨日の予定では1本のところ、今日になって2本に増えていた。
1本はいつものように不具合の事象を起こしたプログラムで、不具合が発生した時の画面のハードコピーが付いていたが、もう一本は、処理速度を上げるチューニングの依頼だった。
「え?
 プログラムのチューニング?
 最近やっていなかったな…。」
和彦は、そういうチューニング作業が好きで、いつもの不具合を起こしたプログラムのメンテナンスを半日でとっと終わらせ、和彦はチューニング作業の方に入った。
「うえ~、何んだ、このプログラムは。
 インデントも滅茶苦茶で、汚ちゃないコーディングだな…。
何が何だかわかんないじゃないか。
しかも、コメントもないし。
で、チューニングの内容は…。」
指示書を見ると、そのプログラムはサブルーチンの一つで、処理時間がかかりすぎるので、期待値、合否の閾値は、今より半分の時間で終了することと書かれていた。
プログラミング言語も見たことがなかったが、Ⅽ言語に近く、また、オンラインヘルプのURLが付いていて、自席のパソコンから見ることが出来た。
「処理時間か。
 だいたい処理時間がかかるのはI/Oが多く発生しているのが原因なんだよな…。
 こんな汚い組み方だと無駄な処理も多いだろうな…。」
そう言いながらプログラムの解析に没頭していた和彦は時間を忘れていた。

「もしもし、時間外延長申請を受け付けに提出しましたか?」
守衛の声に気が付き、時計を見ると23時をさしていた。
和彦の会社の警備は23時以降とどまる場合は、届け出をしなければいけない規則だった。
「うわ、もう、こんな時間?
 帰ります、帰ります」
そう言って、和彦は荷物を慌てて鞄に詰め込み、足早に会社を出た。
「はあ、これで帰ると0時を回るな…。
 今日は、ゲームが出来ないな。
 エイミー、ターニャ、今日は会えないな…残念…。」

翌日も、和彦は朝から晩までプログラムの解析に夢中になっていた。
「おい、小日向君。
 昨日も遅くまでやっていたみたいだけど、残業代はなしだからね。
 終業時間も定時でつけるように。」
「はい…。」
「まったく、どこの部署の仕事だ?」
そう言って和彦の上司は依頼元の情報を参照すると、眉を曇らせた
依頼元は新しくできた営業部で、ユーザー先は社内秘となっていた。
さらに、この作業は最重要プロジェクトの一環で、この作業が済むまでは、和彦に何も作業を入れてはいけないという厳命付きだった。
「ふーん、あの部署か…。
 ま、いいか。」
和彦の上司は、他の部署の仕事ということで和彦の面倒を見なくて済むので直ぐに興味を無くしたように離れていった。

プログラムの解析に夢中になっていた時、和彦の脳裏にあることがよぎった。
「そう言えば、ターニャも連射するとき、次の射撃まで少しタイムラグがある気がするな。
 まあ、女の子だからかな…。」
和彦が夜も更けるのも忘れ夢中になってプログラムを解析している時、和彦のスマートフォンの画面が明るくなり、何かが動き出しているようだった。
「…ねえ、ねえ、ハリセンの次に、このデコピンってなんだろう?」
「え?
 ああ、検索履歴に残っていたのね。
 どれどれ…。」
「ふむふむ、罰ゲームだって。」
「え?
 こっちは、男女間で仲良くなる技って書いてあるよ。
 『もう、なになにちゃんたら~』って言いながらやるみたいよ。」
「ふ~ん。
 なになに、中指の指先を親指の腹につけ、円を作るようににして、中指に力を入れる。
 そして、相手のおでこの真ん中に中指の先が当たるように近づける?
 ねえ、ちょっと来て。」
「なあに?」
「ちょっと試してみるの。
 そのままにしててね。
 そして、中指が跳ねるように力を入れて、ギリギリのところで親指から滑らせて勢いよく。」
バチン!!
「ひ……。」
「くぅ~…。」
「おでこが…」
「中指が…」
痛い―!!
「お、おそるべし、デコピン!」
「う、うん。」
プロフィール

電脳子猫@委員会

Author:電脳子猫@委員会
エロ、グロ、怖いのは苦手。
時代劇や明るくちょっとエッチなSF好きのコンピュータエンジニアです。
どこかで読んだこと、見たことがある?
そんなことも随所に出て来るかと思いますが、それもお楽しみとして。
あくまでもオリジナル小説を目指します。

電猫カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

委員会に訪問された方
電猫お絵描帳
検索フォーム
リンク